格安で国内・海外旅行ができる!ポイントで旅行する方法 !! 陸マイラーがやっている裏ワザ的【マイルの貯め方】とは

こんにちは! 新潟の陸マイラー☆  ミユキキ( @miyukiki666 ) ですよん。

本日は【格安で旅行をする方法】をご紹介しますよ。《格安で飛行機旅行をしよう》というお話です。

一言でいうと「ポイントを貯めて飛行機に乗る方法」です。貯めたポイントをマイルに替えて、飛行機に乗るのです。

そう聞くと「ポイントなんてチリツモでしか貯まらないのに、旅行にいくほど貯めるなんて、気が遠くなるわ」と思いますか?

また「マイルって聞いたことがあるけど、飛行機に乗る機会はほとんどないから、自分には関係ない」と思っていませんか?

実は【お金をかけずに一気にポイントを貯める方法(ポイ活)】【ポイントをマイルに効率よく移行するルート】の組み合わせで、飛行機旅行ができるくらいのマイルを簡単に貯める方法があるんです。

それは「ポイントサイトを使って一気にマイルを貯める方法」です。

なお、マイルについての基礎知識がある方は、もくじから 7.【TOKYUルート】の仕組みと、ANA TOKYUカードのお得な申し込み方法に飛んでくださいね。

 

1.マイルで格安旅行ができる

「飛行機で旅行だなんて、一番お金がかかりそうで考えたこともなかった」
「マイルって聞いたことがあるけど、自分には縁が無いと思っていました」
「旅行が大好きで、行ってみたい国が沢山あって!」
「国内にも、行きたい所は沢山あるよね」
といった方々に【マイルの貯め方】をレクチャーしているミユキキです。

マイルって、飛行機に乗らない人も貯めることができるんです。
また、お金をほとんどかけずに貯めることも可能なんです。お金をかけなくても飛行機で旅行ができるだなんて、考えただけでもワクワクしてきませんか?!

飛行機で旅行するってことは、今までには行ったことの無い遠いところにまで行くことも可能です。交通費がかからない分、宿泊費や食事代、レクリエーション代にお金を回すこともできそうですよね。

ちなみに、飛行機に乗らずにマイルを貯める人のことを陸マイラー(おかまいらー、りくまいらー)といいます。ミユキキも完全なる陸マイラーとしてマイルを貯めて、家族で海外旅行や国内旅行を楽しんできました。

 

ミユキキ家のマイル旅行ヒストリー
2016年ゴールデンウィーク
セブ島へ家族旅行
2017年ゴールデンウィーク
香港へ家族旅行
2017年11月
友達家族と大阪に旅行(5家族中4家族がマイルを利用)
2018年8月のお盆休み
マレーシアへ友達家族と旅行
2019年8月のお盆休み
バンクーバーへ家族旅行
2020年2月
京都・名古屋に家族旅行
2020年ゴールデンウィーク
グアムへ家族旅行予定…でしたが、コロナでキャンセル
 (飛行機はマイル、ホテル4泊はポイントで宿泊の予定でした。落ち着いたらまた計画しよう!!)

これらの旅行は全て【飛行機に乗らずにマイルを貯める方法】を実践して叶えてきたものです。地方に住む一般的サラリーマン家庭の我が家は、この方法を知るまでは、毎年海外旅行に行こうだなんて考えもしませんでした。
「お金をかけずに家族旅行をする」といえば、「車で長距離運転をがんばり、泊まるのは格安宿やキャンプ」しか思いつかず。※キャンプはキャンプで、今でも大好きですが)^o^(

でもマイルを貯める方法を知ったおかげで「旅行に飛行機を使う、しかも飛行機代はかけずに」というとんでもないことを実現できるようになり、子供達にも沢山の経験をさせてあげることができました。「毎年海外旅行をしたい!」というわたしの夢を叶えることができました。

この記事では、マイルの貯め方の中でも、できるだけお金をかけずにできる《ポイントサイトを使ってマイルを貯める》方法をご紹介します。

ほとんどお金をかけずに飛行機に乗る方法です。この方法、初めて知ると、あまりのお得さに本当にビックリしますよ。
(6年ほど前にミユキキがこの仕組みを知り「これで、我が家も海外旅行に行けるかも(*≧∀≦*)!」と感動した時の衝撃は、今でも忘れられません!)

2.【マイルの貯め方】基礎知識

【マイルの貯め方】は次の5つです。

①飛行機に乗って貯める(フライトマイル)
②クレジットカード支払いで貯めたポイントをマイルに交換する
③クレジットカードの入会キャンペーンを利用して貯める
④クレジットカードを紹介して貯める
⑤他のポイントをマイルに移行する

このうち①飛行機に乗って貯めるだけでマイルを沢山貯められるのは、出張などでよく飛行機に乗る人だけ。

「マイルを貯めて飛行機で旅行をする!」と決めたら、ライフスタイルの中に②〜⑤の方法取り入れていきます。
基本中の基本は、クレジットカードで貯めることです。
マイラーになるには、まずはマイルを貯める為のクレジットカードを発行し、②クレジットカード支払いで貯めたポイントをマイルに交換することが大前提です。これだけでも、1〜2年に一度、国内や近場の海外に旅行できるくらいは貯めることができるんですよ。

お金をかけない旅行術【マイルの貯め方】クレジットカードの見直しだけでも年1回飛行機旅行ができるわけ。

2020年3月10日

 

決済額が多い方は特に、マイルが貯まりやすいクレジットカードに切り替えるだけでも簡単にマイルを貯めることができます。

また、クレジットカードで貯めたポイントの一番お得な使い道はマイルに交換することであるのは間違いありません。
※1マイルの価値は、1.5円〜最大でなんと16円とまで言われています。一般的な使い方で1マイル=2〜3円が目安です。ほとんどのポイントは、1ポイント=1円ですよね。マイルは10倍以上の価値を持たせることもできるんです!
旅行が好きな人だったら、これをしないのは本当にもったいない事ですよ。

でもカードの決済額があまりなく、それだけでは何回も旅行にいけるほど貯めるのはムリだという人もご安心を(我が家もそうです!)

そんな方に⑤他のポイントをマイルに移行するという方法をご紹介します。

 

 

マイルを貯めてみたい方へ
まずはマイルを貯める為のクレジットカードを発行しましょう。

その時に③クレジットカードの入会キャンペーンを利用しないのはもったいない!人によっては複数の入会キャンペーンに同時に参加できる可能性もあり、それらを掛け合わせることで、いきなり旅行にいける分くらいのマイルを貯めることも可能なんです!
【マイルの貯め方】教えています
クレジットカードの選び方やキャンペーンへの登録もご一緒に。
詳しくはプロフィールページでご確認ください٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

3.ポイントサイトで「ザクザク」マイルを貯める

他のポイントをマイルに移行する方法で、一番効率良くマイルを貯めることができる方法は「ポイントサイトを利用して貯める」という方法です。
この方法は、ほとんどお金をかけずにすることも可能ですし、人に紹介することなどが苦手な方でも大丈夫。たまに旅行にいく分くらいなら、十分に自力で貯めることができます。

すっごくお得に、ビックリするくらい簡単にマイルを貯めることができます。でも違法行為でもなければネットワークビジネスでもありません。※実際に「そんなに上手い話があるわけが無い。怪しい。」と思われることもありますが(^◇^;)

ポイントを貯める為のサイトがあり、それを活用すると一気にポイントを貯めることができる

そこで貯めたポイントを高還元で交換できるルートを経由して、マイルに移行

一言でいうと、これだけです。ポイ活でマイルを貯められるってことですね。
ポイントのめちゃくちゃお得な活用法であり、ミユキキ家が毎年海外旅行に行けるのはこの仕組みのおかげです。
「ポイントで海外旅行!」って、本当にできるんですよ。

ポイントを貯める為のサイトと言うのは「ポイントサイト」のことです。

ポイントサイトとは
掲載されてサービスを利用することで、ポイントを貯めることができるサイトのこと。
お小遣いサイトとも呼ばれています。
無料で会員登録ができ、パソコンからでもスマホからでも利用することができます。

ポイントサイトを使うと、お金をかけずにポイントを貯めることも可能ですし、集中的に数万〜数十万ポイントを貯めることもできます。

また仕事や家事で忙しい人でも、継続的に毎月10,000ポイント程度を貯め続けることも、十分に可能です。

ポイントサイトでポイントを貯めるってどういうこと?!
【ポイントサイト】で頑張りすぎずに月1万円稼ぎ続ける方法については、こちらの記事で紹介しています

おススメお小遣い稼ぎ!【ポイントサイト】で頑張りすぎずに月1万円稼ぎ続ける方法

2020年5月2日

 

ポイントサイトで貯めたポイントは、現金や電子マネーに等価に近い交換率で交換ができる(10,000ポイント=10,000円)ので、ネットで気軽にできるお小遣いを稼ぎとして利用している方も沢山います。

そして、マイルを貯めて旅行に行きたいマイラーと呼ばれる人たちも、ポイントサイトを利用している人が沢山います。なぜならポイントサイトを活用すれば、飛行機に乗れる分のマイル数をあっという間に貯めることができるからです。

 

ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに移行する方法のうち、現在、一番効率よく一番簡単に移行できるルートは【TOKYUルート】と呼ばれるものです。マイルへの移行ルートは他にもいくつかあるのですが、このルートを利用するだけでも十分に貯まるので、とりあえず他の方法は覚えなくても大丈夫!!
ポイントサイトと【TOKYUルート】を活用するだけで、マイルをどんどん貯められるようになります。

では【TOKYUルート】について、解説をしていきますね。

4.陸マイラーが使っている【TOKYUルート】とは

ポイントサイトで貯めたポイントを【TOKYUルート】でマイルに交換する方法をわかりやすく解説していきますよ。

一言でいうと
【TOKYUルート】を使うとポイントサイトのポイントを〔 × 0.75〕の交換率でANAマイルに交換することができる
流れのことです。

例えばポイントサイトで10,000円分のポイントを貯めた場合に、このルートを使ってポイントの交換をしていくと、7,500ANAマイルにできます。

【TOKYUルート】でポイントサイト→ANAマイルにする流れは、下図の通りです。
TOKYUルート図解

ポイント→ANAマイル??JALマイル??
【TOKYUルート】ではJALのマイルには交換できません。
「ポイントサイトでマイルを貯める」方法では、JALマイルよりもANAマイルの方が断然効率よく貯まります。
陸マイラー初心者さんには「まずは【TOKYUルート】でANAマイルから」がイチオシですよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

この図解の通り、ポイントの交換を繰り返していくことで高還元でマイルに移行していくことができるんです。
「3回も交換しなきゃいけないの?!めんどくさいなあ。。」って思いましたか?!思いますよね(笑)

でもこれから
・どのくらいANAマイルを貯めると、どこに旅行に行けるのか
・クレジットカードの決済だけでマイルを貯めて行くのと、どの位貯まるスピードに差が出るのか
の話を聞くと、この仕組みの威力を知ることができ、お得に旅行に行きたい人ならきっとやってみたくなりますよ。

また
・TOKYUルートを利用する為には、何を用意すれば良いのか
についても説明していきます。一回準備すれば、あとは繰り返すだけです。

 

5.マイルって、どの位貯めればいいの?(グアム往復分ならすぐに貯まる!)

ところで、どのくらいマイルを貯めると、どこに旅行に行けるのかがわからないと、「7,500マイル」と言われてもピンときませんよね。

まずは、必要マイル数についてザックリと理解をしましょう。

貯めたマイルの一番お得な使い道は、マイルで特典航空券を発行することです。
特典航空券とは、貯めたマイルで購入する航空券のこと。航空会社は、それぞれにマイレージプログラムを持っています。それぞれのプログラムにより、購入するための必要マイル数が決められています。

ANAはシーズンと区間によって、必要マイル数が決められています。
目安として、代表的な路線でどのくらいのマイル数が必要かを紹介しますね。

ANA特典航空券 必要マイル数
国内線 一例(片道分)

ローシーズン/ レギュラーシーズン/ハイシーズン
0〜300
マイル区間
東京  →   大阪 、名古屋

新潟  →   成田、名古屋

5,000 / 6,000 /7,500
301〜800
マイル区間
東京→   札幌、福岡

大阪→   札幌、沖縄

新潟→   札幌、大阪、福岡

6,000 / 7,500 / 9,000
801〜1,000
マイル区間
東京→沖縄

札幌→福岡

7,000 / 9,000/ 10,500
1,001〜2,000
マイル区間
東京→   石垣、宮古

札幌、新潟→  沖縄

8,500 / 10,000 /11,500

 

ポイントサイトで毎月10,000円分のポイントを貯めて7,500マイルに移行するとしたら、大阪に住んでいる人はたった2ヶ月分貯めるだけで、沖縄まで行って帰ってこられる分のマイル数が貯まるってことですね!!例えば7,500マイル貯まると、レギュラーシーズンなら東京→札幌までの片道分の特典航空券と交換できます。
大阪→沖縄、新潟→福岡も同じマイル数です。往復分なら〔7,500マイル×2〕で15,000マイル必要となります。
ミユキキが新潟在住なので、新潟発情報多めでスミマセン(笑)
※広告を利用してからポイントが付与されるまでの期間は計算に入れていません。

次は、国際線についてですよ(ワクワク♫)


国際線必要マイル数(往復)
   ※日本発、レギュラーシーズンの必要マイル数

路線   エコノミー ビジネス  ファースト 
韓国・ロシア1Zone 2
ソウル、ウラジオストク等
 15,000 30,000  –
アジア 1Zone 3
上海・香港・台湾等
 20,000 40,000  –
アジア 2Zone 4
バンコク・シンガポール 等
 35,000 60,000 105,000
ハワイ(Zone 5)         
ハワイ
 40,000 65,000 120,000
北米(Zone 6)
ニューヨーク、バンクーバー等
 50,000 85,000 150,000
欧州・ロシア2Zone 7
パリ、ストックホルム等
 55,000 90,000 165,000
オセアニアZone 10
シドニー、パース
 45,500 75,000  –

(ANAマイルは国際線片道での発券は不可)

この表は、レギュラーシーズンの往復の必要マイル数です。
例えば、シンガポールへのエコノミー席 往復特典航空券は35,000マイル必要になります。ポイントサイトで47,000ポイントを貯めれば、シンガポールへ往復ができる計算になります!(47,000pt×0,75=35,250マイルにできるので)

ポイントサイトで47,000ポイントを貯めることは、大変だと思いますか?でも一気に貯めたいのであれば高額案件と言われるもの(クレジットカード発行、口座開設、面談やモニター、コーヒーの定期便等)を組み合わせれば意外と簡単に貯めることができますよ。もちろん、毎月10,000ポイントのペースでも5ヶ月分で達成です。

 

また、ANAと提携を組んでいる航空会社の航空券を特典発行することもできます。
例えば日本から近く、家族旅行に人気のグアムやセブ島(フィリピン)なら
・グアム往復  20,000マイル
・セブ往復     20,000マイル
一人分 20,000マイルあれば、日本から往復できるのです。
ということは、毎月10,000ポイントのペースで、なんと3ヶ月分以内で達成できちゃうんですね!!
(30,000ポイント×0.75=22,500マイルになりますからね^ ^ 余裕で達成ですね。)
※広告を利用してからポイントが付与されるまでの期間は計算に入れていませんよ。

ここにクレジットカードの入会キャンペーンや決済利用分と合わせると、飛行機に乗れる分のマイルって、結構簡単に貯まっちゃうんです。

陸マイラーはみんなこの仕組みを知っています。夫婦でポイントサイトをうまく活用して家族で海外旅行をしたり、ビジネスクラスに乗ったりしている人も沢山います。

ね!! 「ポイントサイトでマイルはザクザク貯められる」し、「ポイントで飛行機旅行」って、本当にできるんです。

 

6.本当の《マイルの威力》《ポイ活の威力》

もちろん、ポイントサイトを使わないでクレジットカードの決済だけでマイルを貯めることは可能です。
それだけでも1〜2年に一度、国内や近場の海外に旅行できるくらいは貯めることができることは前述の通りなので、旅行が好きなのにマイルを貯めないことは、本当に勿体ない事ですよ。

お金をかけない旅行術【マイルの貯め方】クレジットカードの見直しだけでも年1回飛行機旅行ができるわけ。

2020年3月10日

 

合わせて、ポイントサイトの活用も始めると、マイルは断然早く貯まるようになります。ザクザク貯まるようになります。

例えばシンガポールに行くための必要マイル数35,000マイルを貯めるためには

・クレジットカードで貯めるなら、350万円の決済が必要(100円につき1マイルで計算)
・ポイントサイトなら、47,000円分のポイント貯めればオッケー(ほとんどお金をかけずに貯めることも可能)

あなたは350万円の決済に、どの位の期間がかかりそうですか?更に、家族分のマイルを貯めようと思ったら?それがポイントサイトを使えば何倍ものスピードでマイルが貯まるとしたら、チャレンジする価値はありますよね。

また「350万円の決済なんて余裕だよ」をいう方も、例えばシンガポールへビジネスクラスで行くというのはどうですか?シンガポールへのレギュラーシーズン ビジネスクラス必要マイル数は60,000マイルです。その程度のマイル数は、カードの入会キャンペーンや決済ポイントと、ポイントサイト活用の合わせ技で簡単に稼ぐことができます。ファーストクラスに乗ることさえも可能になってくるのです。※マイルの本当に一番お得な使い方は「国際線のファーストクラスに乗ること」です。

これが本当の《マイルの威力》《ポイントの威力》です。
陸マイラーだけではなく、収入が多い人ほどポイ活やお得に敏感なのも、これで納得ですよね。

7.【TOKYUルート】の仕組みと、ANA TOKYUカードのお得な申し込み方法

それではいよいよ【TOKYUルート】を使う方法についての解説です。
もう一度、図をみてみましょう。

このように、3回ポイント交換をする事で、75%という高還元でANAマイルに移行することができるんです。各種ポイントサイトによっては貯めたポイントを直接ANAマイルに交換することもできるのですが、それだとすごく損をします。直接の交換だと、交換レートがとても悪いからです。
例えば、直接交換ができる下記のサイトからANAマイルに交換した場合
・ちょびリッチ 2,000pt(10,000円分)
 ↓
 2,800ANAマイル 《交換率 28%》
・Point Income 105,000pt(10,500円分)
 ↓
  3,000ANAマイル 《交換率 28%》

【TOKYUルート】だと10,000円分のポイントが7,500マイルになるのに、直接交換だと半分以下のマイルにしかならないんですね。その差は歴然!!だから陸マイラーは、3回交換の手間をかけても【TOKYUルート】を利用しています。

そしてこんなにお得な仕組みを利用するのに必要なものも、初期費用をほとんどかけずに用意できるものばかりです。

【TOKYUルート】に必要なもの
・各種ポイントサイトへの登録
・中継サイト(ドットマネー)への登録
・《超重要》ANA TOKYU POINT CLUBQ PASMO マスターカードの発行

ではそれぞれについて、みてみましょう。

1. 各種ポイントサイトに登録

まずはポイントサイトに登録です。ポイントサイトは無料で登録できます。ただし【TOKYUルート】が利用できるポイントサイトと利用できないサイトがあるので注意が必要です。

実はポイントサイトってすごく沢山あるのです。でも、どのサイトを使っても【TOKYUルート】が使えるわけではありません。【TOKYUルート】を利用できるのは、貯めたポイントの交換先に「.money ドットマネー」があるサイトです。

「.money ドットマネー」に交換できるサイトとは、例えば
ハピタス
モッピー

ポイントインカム
ちょびリッチ
モッピー
ポイントタウン
ライフメディア 
です。これらのサイトはポイントの交換先に「.money ドットマネー」がありますよ。実際にミユキキもよく利用しているお気に入りのサイトです。広告を利用する際に、その時一番お得なサイトから利用したくて、この6つのサイト全てを登録しています。

「でもいきなり全部登録するのはなあ。。」という方でしたら、まずはハピタスモッピー から始めましょう。信頼性や登録者数の多さで人気のこちら2つのサイトから始めておけば、間違いないですよ。

☆ ★ ☆ お小遣いサイト モッピー ☆ ★ ☆
累計800万人が利用している人気No.1ポイントサイト!タダでお小遣いが貯められるコンテンツが充実★
今なら、こちらからの入会&条件クリアで1,000円分のポイントがもらえます!!

モニター案件もあるハピタスはこちらから↓
★ サポート体制信頼度No.1サイト ハピタス☆ ★  
こちらからの登録後、7日以内の初回広告利用で、ポイント400円分プレゼント!!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

2. .money ドットマネー に登録

.money ドットマネーは「ポイント中継サイト」と呼ばれています。1000万人が登録している国内最大級のポイント交換サービスです。ポイントからポイントへの交換所といったところです。

手数料無料で現金・ギフト券などに交換できるのも大きな特長です。なので、各種ポイントサイトで貯めたポイントを現金に交換するときも、いったんドットマネーに移行した方がお得なんですよ。(ほとんどのポイントサイトでは、現金への交換に少額の手数料がかかります。)

また、ドットマネー内にも.moneyモールというポイントサイトがあります。ドットマネーに登録しておくと、.moneyモールでもポイ活をすることができますよ。

なお、株式会社ドットマネーは、東証一部上場企業である株式会社サイバーエージェントのグループ企業ですので、安心して利用することができますね。

ドットマネーの登録はこちらから

 

3.ANA TOKYU POINT CLUBQ PASMO マスターカードについて

【TOKYUルート】を利用するために欠かせないもの、それがANA TOKYU POINT CLUBQ PASMO マスターカード《通称 ANA TOKYUカード》です。これは、ANAカードのうちの1つ(ANAと東急の提携カード)で、このカードを持つことでTOKYU POINT CLUBの会員になることができるんです。
・ドットマネーのポイントは、TOKYU POINTに交換することができる
・ANA TOKYUカードを持っていると、TOKYU POINTを75%の交換率でANAマイルに交換できる
この仕組みを利用するために、ANA TOKYU POINT CLUBQ PASMO マスターカードの発行が必須となりすよ。

※他の東急系のカードでは、75%の高交換率でANAマイルに交換することはできません。

ANA TOKYU

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

発行会社 三井住友カード
国際ブランド Mastercard
年会費 2,200円(税込) 初年度年会費無料
家族カード 1,100円(税込) 初年度年会費無料
年会費割引特典 826円(税込)まで年会費の割引が可能 WEB明細サービス
・マイ・ペイすリボ
割引特典の詳細
提携先 全日本空輸(株)
東急(株)
(株)東急百貨店
(株)パスモ
支払日 15日締め翌月10日払い
ポイントサービス ポイント名:Vポイント 200円(税込)につき1ポイント付与
ANAマイル移行レート 1ポイント=1 or 2マイル 2マイルコース登録料
6,600円(税込)
入会ボーナスマイル 1,000マイル
継続ボーナスマイル 1,000マイル


初年度の年会費が無料
なので、気軽に陸マイラーデビューができるのは嬉しいですね!
なお、こちらはANAカードのうちの1つですので、ANA TOKYU POINT CLUBQ PASMO マスターカードを発行することで自動的にANAマイレージクラブの会員になれます。また既にANAマイレージクラブ会員の方も発行できますし、今持っているマイルとの合算もできますよ。

もちろん、これをメインカードして固定費の支払いや普段の買い物の決済用にするのもオススメですよ。ポイントサイトで貯めたポイントと、決済で貯めたポイントでどんどんマイルが貯まることなります。

そして、せっかくANA TOKYUカードを発行するなら、できるだけお得な発行方法をしたいですよね!
お得な発行方法、ありますので要チェック!!次でご紹介しますよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

4.ANA TOKYU カードを発行(できるだけお得に!)

せっかく新しいクレジットカードを発行するのですから、できるだけお得に発行しちゃいましょう。
①「マイ友プログラム」の登録
② モッピー を経由して発行
これらを利用する方が、公式サイトからいきなり発行するよりも断然お得なんです。

①「マイ友プログラム」の登録

これは、今回始めてANAカードを発行する人には必ずしてほしい登録です。

ANAカードを初めて発行する時のみ利用できるプログラムだからです。ANA TOKYUカードを発行する前に、既にANAカードを持っているからの紹介登録をすると、ボーナスマイルとして500マイルがもらえます。

紹介者の紹介番号、紹介者名を登録する事で、通常ボーナスマイルに加えてボーナスマイルがもらえます。

《ANAのキャンペーン》
【マイ友プログラム】
よかったら、ミユキキ家の紹介コードをお使いください。
紹介者氏名 姓:キマ
紹介者氏名 名:タクオウ
紹介番号     :00072151

なお、マイ友プログラムは、過去も含めてANAカードを発行した方は対象外となります。
初めてANAカードを発行する時の1回のみが参加できるプログラムですよ。またカード発行後には登録ができないので、必ず発行前に登録しましょう。

マイ友プログラムの登録はこちらから

注!)マイ友プログラムの登録が終わったら、ANAの画面は一旦閉じます。(その画面からカード発行に進まない。)
カードはモッピー 経由↓で発行です。

 

② モッピー を経由して発行

ポイントサイトのモッピー で、ANA TOKYUカードの広告が出ているんです。これは利用しない手はないですよね。こちらは既に他のANAカードを持っている人も利用できます。なおモッピー からもらえるポイントは日々変動しますので、ご確認くださいね。この記事を書いている日は1,200Pで掲載されていましたよ。モッピー から1,200Pもらえると、【TOKYUルート】で900マイルにできますよ。モッピー を経由しないと、とっても勿体ないのです。

☆ ★ ☆ お小遣いサイト モッピー ☆ ★ ☆
累計800万人が利用している人気No.1ポイントサイト!タダでお小遣いが貯められるコンテンツが充実★
今なら、こちらからの入会&条件クリアで2,000円分のポイントがもらえます!!

 

5.貯めたポイントを順番通りに交換

・各種ポイントサイトへの登録
・中継サイト(ドットマネー)への登録
・ANA TOKYU POINT CLUBQ PASMO マスターカードの発行

【TOKYUルート】に必要なものはこれで全てです。そしてANA TOKYUカードが届く前にも、ポイントサイトはどんどん利用を始めてくださいね!

【ポイントサイト】で頑張りすぎずに稼ぎ続ける方法については、こちらの記事で紹介しています

おススメお小遣い稼ぎ!【ポイントサイト】で頑張りすぎずに月1万円稼ぎ続ける方法

2020年5月2日

ANA TOKYUカードが届いたら、あとは付与されたポイントを順番に交換していくだけです。

なお【TOKYUルート】を使ってポイントサイトからANAマイルへのトータル移行日数は、最短で3週間程度です。広告利用のポイントが付与されるまでには、利用広告によって変わりますが、概ね1〜3ヶ月程度。よって初めてポイントサイトを使い始めてからマイルに交換できるまでには、数ヶ月かかる事にはなりますね。ですので、早めのスタートがオススメです。一旦交換サイクルが回り始めれば、継続的に利用する事で、毎月のようにマイルを貯めることが可能になります。

ちなみにわたしが6年前に陸マイラーになった時には、ANAマイルへの主流移行ルートは違うのもでした。交換率も違ういました。(通称「ソラチカルート」と言われたもので、交換率はなんと90%でした!)
このようにお得なものって、いつまでも同じ仕組みが利用できる訳ではないのです。
今利用できる【TOKYUルート】でも、まだまだ十分にお得です。この仕組みを利用できるうちに、できるだけ恩恵を受けたいですよね。とにかく、早めのスタートがオススメですよ。

初めてANAカードを作成する方へ。こちらもご参考に。
陸マイラーに必須のANA TOKYUカード。このカードの発行が必須なことに変わりはないのですが、もしかすると決済用のメインカードを先に発行した方が更にすごーくお得になるかもしれません。
マイルを貯める為にベストなメインカードは人それぞれに変わってきます。
ミユキキからの事前のアドバイスを希望される方は、お気軽にお問い合わせください。

「アメックスカードを作りたい」という方に、どのカードを紹介しようかな?!ANAカードキャンペーン2020も絡めて更にお得に

2020年3月3日

8.「格安で旅行ができる方法」まとめ

《旅行に格安で行く方法》として、「陸マイラーがやっている!ポイントサイトを使って一気にマイルを貯める方法【TOKYUルート】」のご紹介をしました。

まとめると
《旅行に格安で行く方法》は、ポイント貯めてマイルに変えて、飛行機旅行をする方法
ポイントサイトの活用で、マイルはザクザク貯めることができる
・お金をほとんどかけずにポイントを貯めることも可能
・現在主流の移行ルートは【TOKYUルート】
・【TOKYUルート】を利用するには、ポイントサイトへの登録とANA TOKYU POINT CLUBQ PASMO マスターカードが必要
そして
・とにかく、早めのスタートが大切!!
ということでした。

この方法、本当にビックリするくらいお得な仕組みだと思いませんか?「毎年海外旅行に行きたい!」というわたしの夢が叶っているのは、この仕組みを利用し続けてきたおかげです。

なおミユキキは、マイルについての基本知識クレジットカードの選び方入会キャンペーンの情報や、ポイ活についてのレクチャーをしています٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
新潟市近郊でのグループレッスンや、オンラインでの個別レクチャーのご依頼を受け付けております。

また
「飛行機や海外旅行にはあまり興味がなくて。でも、オススメのクレジットカードについて教えてほしいな。」
「旅行はあまり行かないけど、ポイ活で節約する方法にはすごく興味がある!」という方からのご相談も大歓迎ですよ。

詳しくはプロフィールページでご確認ください٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ミユキキのワクワクをシェアいたします!

ではー!!

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村マイレージランキング  

お問い合わせはこちらから↓↓ お気軽にどうぞ。(メールアドレスやお名前が公開されることはありませんのでご安心ください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です